バックれマン

バイトは最短2日でやめる

バックれ更新

蜃気楼 〜東京の砂漠で見た幻〜

唐突だが、僕は働くことを始めた、とはいえ日雇いだがガガーリンが言うように1人の人間にとっては小さな一歩だが人類にとっては大きな一歩であろう。そんなことはさておき、今日は肉を喰らったのだ、元を辿れば友人のオフ会からの知り合いなのだが初対面で、…

7がつ13にち

きょうは、食べものを買いに、どんきほーてにいきました。どんきほーてにはたくさんおいしそうなものがあったので、安いものをたくさんかいました。その帰えりの歩道きょうにはとがいたので、おどかしてやろうとおもって、後ろからちかづいてやりました、そ…

セブンティーンボルドー オナホレビュー

きたる6月5日、22歳の誕生日だった、もちろん働いていない。それでも友とは優しいもので、イカしたナマステボーイに野毛で美味しい魚のお店に連れて行ってもらったり等々楽しい時を過ごしたのだか、その中でも友人のデブがうちに押しかけてきて(よく遊び…

関内の風に導かれて 風俗レポ

25日、世間は給料日だが僕には関係ない、流石にバイトしようとは思う。しかし僕とは関係なくとも僕の兄には関係ある、給料日に引っ越しの手続き等があり我が家に遊びにきたのだ、出会い頭に挨拶がわりの中指を立てて適当に飲みに行く、バンドの話だとか僕自…

幽体離脱

信じるか信じないかはあなた次第 4/1に記事を書いた時点で負けのような気がするが今日あったんだから仕方がない、4時間ほど寝て泊まっていた兄貴を送り出した後、ソファでうとうとしていると金縛りが、そもそもなりやすい体質だし体が寝て脳が起きてるだけな…

死に至る病

『死に至る病とは絶望である』( セーレン・オービエ・キェルケゴール 著 「死に至る病」より) なんとも厨二くさいタイトルではあるがれっきとした思想家の本である、私自身読んだことはないのだがタイトルの通り感じる日々なので引用させてもらった。 私の家…

先日友達に「自殺をする」と言われた。 正確には感情が高ぶって自殺をするつもりだったけど少し落ち着いたから自殺用の道具を購入するべく主要駅に来た、とのこと、僕はそれを聴いて笑ってしまった、「自殺なんてしないだろう」というものではなく「ああ、つ…

人の心は国にあらず、酒にあり

「働かずに飲む酒は美味いか?」 もはや人類の命題である、国民の義務である労働をせずましてや娯楽でしかない酒を飲む、許されるはずがない、だがあえて言おう「働かずとも酒は美味い」と。環境や周りの言葉など関係ない、酒とは美味いのだ。 またうなされ…

クズから学ぶ!クズの生き方とクズな友人との付き合い方

この記事はMD Advent Calendar 2016 - Adventar 5日目の記事です。 昨日はねおさんの巨大ロボットとおっさんと美少女人工知能でした、僕の一番好きなゲームはFF Ⅻです、裏ボス倒すギリギリ前に兄に売られました、許すまじ。 あらためてこんばんは、クズこと…

神の座 〜ラーメン二郎関内店〜

日本には八百万の神がいるという、コメの一粒からトイレに至るまで多種多様である、本記事はその一柱に招かれた筆者の物語である。 今は何月何日の何時だ? 深く眠りにつくと目覚めた瞬間理解ができない、バイトをばっくれたが故何日何曜日の何時であるかを…

こちら布袋駅前 つるぺたガール研究所 レビュー

それは東京に初雪が降った日のことだった いつものごとくバイトをばっくれタバコを吸っている。外が寒すぎる、困ったなぁと思いながらも日課であるオナニーに興じよう、そう思いズボンを下ろそうとしたところで手が止まる。そう、最近マンネリ化しているので…