バックれマン

バイトは最短2日でやめる

蜃気楼 〜東京の砂漠で見た幻〜

唐突だが、僕は働くことを始めた、とはいえ日雇いだがガガーリンが言うように1人の人間にとっては小さな一歩だが人類にとっては大きな一歩であろう。そんなことはさておき、今日は肉を喰らったのだ、元を辿れば友人のオフ会からの知り合いなのだが初対面で、ましてや会員制の肉屋に誘うとはなかなかのハードルである。しかし奢りと聞かされて断る自分ではない、その日から1ヶ月ほど待ち、ついにこの日が来たのである、待ち合わせは都内某所、17:50に改札で落ち合いそこから5分ほど歩いたところ、看板も出ていない完全にクローズドなお店である、期待と緊張の入り混じる中ドアを開けると目に飛び込んでくるのはなんと新政No.6のボトルである

f:id:akkieeffect:20170819232527j:image

そもそも数が少ない新政の、さらにNo.6がこれほどの量置いてあるとなると流石会員制は伊達じゃないな、と言わざるを得ない。

メニューはコースのみでスープ、前菜、サラダとこの時点で既に美味しいのだがビールと共に味わって、ここからが本番である。

 

先ずは日本酒をオーダー

f:id:akkieeffect:20170820105436j:image

プレミアムなのがあるとは聞いていたがまさか新政からスタートするとは思わず驚きの声を上げる、爽やかさがこの時期や肉と絶妙にマッチするやはりとても良いものだ…と味わっていると最初の肉が届いた

f:id:akkieeffect:20170820105650j:image

 低温熟成の牛タンらしい、この手の見た目でネギがのっているものが不味いわけなかろうと口に運んだ瞬間…

言葉に詰まってしまった、何故なら僕の知っている牛タンと別物なのである、今まで食べて来たのが肉でなくこれが本物の肉なのか、それともこれが肉ではないのか、3分ほど悩んでる姿を店員と連れて来てくれた人に笑われつつもそれを上質な日本酒で流し込む幸せ…もはや夢を見ているといわれても疑わないほどであった。

 

次の日本酒、この日は天青が推しだったらしく本醸造から米違いまで8本も用意してあり飲み比べると違いがわかる贅沢な取り揃えだった。f:id:akkieeffect:20170820110253j:image

この後も肉がどんどん出てくるのだが僕の語彙力では紹介しきれないので写真と肉の種類だけを載せておく。

f:id:akkieeffect:20170820110614j:image

ざぶとんの低温熟成

f:id:akkieeffect:20170820110729j:image

イベリコ豚の低温熟成

f:id:akkieeffect:20170820110802j:image

こちらの部位はランプ、ここらからこの店では柔らかいのは標準なんだな、と気づく、やたらと美味い。

f:id:akkieeffect:20170820110921j:image

そして今回の目玉ともいえるネクタイ、お尻の方の部位らしいのだが繊維が細かく柔らかさとサシの旨さはもちろん、初めての食感にただただ驚きの声を上げるしかなかった。

その後、締めの白米(米ですらめちゃくちゃ美味いのだ)とカレー(こちらも煮込んだ肉がすごい)、そして最後に余った肉をおかわりタイムとしていただいた。

一応コースとしては終わりだが飲み放題が延長できるとのことで1時間だけ伸ばし生ハムと共に追加で日本酒を頼む、そしてすっかり酔っ払ったところで普段ではあり得ない注文をしてみようという話になりお願いしたのが最初とは種類が違う新政No.6の”燗”である、

f:id:akkieeffect:20170820111637j:image

これだけ香り高くフルーティなお酒を燗にするのは贅沢極まりないのだが、そこは店主の腕の見せ所、ぬる燗ほどの温度で味の深みを増しつつ風味の飛ばない絶妙のタイミングで飲ませていただいた、その夢心地の覚めぬまま気が付いたら家に着いていた。

やはり夢でも見ていたのでは?と疑いたくなるほどの至福を感じつつ、そのまま布団へと横たわった。

7がつ13にち

きょうは、食べものを買いに、どんきほーてにいきました。どんきほーてにはたくさんおいしそうなものがあったので、安いものをたくさんかいました。その帰えりの歩道きょうにはとがいたので、おどかしてやろうとおもって、後ろからちかづいてやりました、そしたらはとはえさをとられないようにまもってにげませんでした。そのときに、はたらきもしない自分がはずかしくて、泣きそうになったので、がまんして、走って家に帰えりました、そのあとすぐに、ふとんにもぐってすこしなみだを流しました。

 

先生からの一言:

なぜ秋吉くんは働かないのかな?悲しい気持ちになるまえにやるべきことがあるんじゃないのかな?

セブンティーンボルドー オナホレビュー

きたる6月5日、22歳の誕生日だった、もちろん働いていない。それでも友とは優しいもので、イカしたナマステボーイに野毛で美味しい魚のお店に連れて行ってもらったり等々楽しい時を過ごしたのだか、その中でも友人のデブがうちに押しかけてきて(よく遊びに来るので合鍵を渡してある)袋いっぱいの食料と酒・タバコを渡してくれた、とても有り難かった、なんせその前日に食料が底を尽きて片栗粉を練って食べていたからである、久々のまともな食事を喰らい、酒と煙に舌鼓を打ったところで袋の中にさらに黒い袋に包まれた四角い何かを見つけたのだ、ワクワクしながら袋を開けるとそこには トイズハート セブンティーンボルドー と書かれたなんともいかがわしい箱があるではないか、祝ってくれた友人を朝方にそそくさと帰らせ、いざ生娘とご対面。

 

メーカーは言わずと知れたトイズハート、素材はセーフスキン、2層構造の非貫通型でリアル思考、内部構造としては緩めのゆったり系である、だが緩めだと侮るなかれ、こいつは緩めのなかでもかなりの高刺激、適切な刺激というのが1番やばいのである、そして極め付けは奥の子宮口を模した構造、こいつが先端に絶妙な刺激を与えさらにそこに挿入することも可能なのだ、空気を抜いた時の相性が最高で流石トイズハートの定番商品だな、と言ったところである。

 

ということで下準備から、ここはとりあえず最高の状態で楽しみたいのでローションを入れ電子レンジへ、10秒ほど温めたあと布団を紐で縛りその隙間にセッティング、リアル系にはやはり自分で動くのがベストだと思う、お気に入りのAVを流して(画像、雑誌系だと片手腕立て伏せに近いことになるのでここは動画を推したい)ようやくスタート

 入り口もすんなり、とりあえずは慣らしもかねて様子を見るが悪くない、緩さが長い心地よさを提供してくれる、AVがいいところに来たので空気を抜いて再挿入…すると同じオナホかと疑いたくなるほどの刺激、まとわりつき方が別格である、奥の子宮口も感じられそのままその奥まで突っ込んでフィニッシュ…タバコをふかしながらAVを消し、ジャズを流しながらまったりと脳内レビューを始めた…

 

総括としては最初の記事のつるぺたガールを越える評価である、ただ一つ欠点として入り組んだ奥と二層構造のせいでひっくり返して洗えないので少々手間取るだろう、というところである。購入の際の何かの手助けになれば幸い、と思いたい。

関内の風に導かれて 風俗レポ

25日、世間は給料日だが僕には関係ない、流石にバイトしようとは思う。しかし僕とは関係なくとも僕の兄には関係ある、給料日に引っ越しの手続き等があり我が家に遊びにきたのだ、出会い頭に挨拶がわりの中指を立てて適当に飲みに行く、バンドの話だとか僕自身の体調の話だとかをグダグタ話し、酔いも回ってきたところで兄貴から切り出してきた。

 

「ここから関内まで1本じゃん?風俗いきたくね?」

 

兄には彼女がいるが風俗では浮気ではないらしい、それより乗り換えがあることを忘れてる頭の方が心配だ、しかし風俗、エッチなことをしてもらえるなんて興味がないはずがない、そしていきたくね?とは暗に奢りを示している、でもでも…と悩んでいるととりあえず手元のコークハイを一気させられ退店、目の前のコンビニでストロングゼロとタバコを買いストロングゼロだけを渡してくる、「心配すんな、大丈夫」兄なのかバカなのかよくわからない気分だが兄なのでとりあえず信じて電車へ。

 

降りた駅は眩しいネオンと死んだ魚の眼が並ぶ混沌と呼ぶに相応しい町だった。

 1本また1本と細い路地に入るにつれて雰囲気が怪しく艶かしくなってゆく、道すがら兄に「どこまでしたいの?」と聞かれ毅然とした態度で「おっぱいが吸えればなんでもいい」と返す。

目的のお店に着いたらしく入店、フロントで手コキ+上半身お触りOKのコースを選択、オプションでおっぱいが吸えるようにして部屋へ、どうやらここはビデオボックスでAVを観てるとたまたま女の子が来て恋に落ちるお店らしい、期待と不安を抱えいざ部屋へ。

 

 部屋の中は間接照明にソファーとテレビだけの殺風景な妖しい雰囲気をまとっといて心なしか空気もぬるりとしてる、少し震えるくらい緊張していたのでとりあえずタバコに火をつけて深呼吸、プレイ前にたたせなきゃなと思ってAVを探してると…「出会って2.5秒で合体 やまぐちりこ」を発見、僕はこのシリーズがとてもお気に入りである、反応が素っぽいのがとても良いのだが冒頭2〜3分から演技っぽくなるのがとても嫌…なのだが10分ほどぼーっと見てしまう、その上ピクリとも反応しない、ひどい不能っぷりだった、本当に大丈夫か俺…?どうして良いかわからずもう1本タバコに火をつけてソシャゲを始める…しかし集中できない、そのまま閉じてタバコを消したところで「コンコン」と扉を叩く音が、さて、吉と出るか凶と出るか。

 

「こんばんわー今日はよろしくお願いします〜」出てきたのは25〜6くらいの少しギャルっぽいお姉さん、バリバリOKだ、「隣良いですか〜」僕もペコペコしながら対応する、「それじゃあコース確認させてもらいますね〜Bコースとおっぱいでよろしかったですか?」これがとても恥ずかしい、なんせ自分の性癖を会って2分の女性に説明するんだから惨めったりゃありゃしない。「今日はどんな感じでしますか〜?」「と、とりあえずなんかいい感じで…」「いい感じですね〜わかりました〜」お前は床屋にでもいるのかって突っ込みたくなるような返事に落ち込んでる間も無く太ももを触られる、間髪入れず息子、ハーフスタンダップ、心配してた自分を殴ってやりたい気持ちの中ズボンを下ろしたところでタイマースタート。

「あ、あのとりあえずその、服の上からおっぱい揉んでいいですか?」「服の上からでいいの?」「…とりあえずっ」「ンフフ、いーよ」僕は緊張すると吐きそうになるタイプで、このときまさにそうだった、脳がとろけて気分が悪い、贅沢極まれりといった悩みだったが手にローションをつけて息子とふれあいが始まったあたりから吐き気も消えてゆく、めっっちゃくちゃ気持ちいいのである。もうここまできたら恥じらいなど捨てて欲の塊に成り果てているので「おっぱい見ていいですか!」元気が良い、紐を解いて上半身が露わになる、生きててよかった…心からそう思ったのを強く覚えている、そのまま揉んで、揉んでる最中もしごかれて、吸って、気分はもうあかちゃんである、幸せ…となりつつも悲しいかなイけない、理由はとうの昔に気づいていて足ピンじゃないとイけない、通称「射精障害」と呼ばれるやつだ、きっと最初の僕には言えなかっただろうが今なら恥ずかしげもなく言える。「あの、僕足ピンじゃないとイけないんですけど…」「あっじゃあいい感じに場所移動しますね」と足が伸ばせるような体制に変え、手コキ続行、僕は後ろから乳を揉みつつ気持ち悪い(と思う)顔をしながら息を止め悶える、「イきそうになったら言ってくださいね〜」「あっ、はい、イきそうです」「はーい」そのまま高速ピストンから1分、僕の欲望は吐き出されたのだった…

 

「おっきいですね〜」息子を丁寧に拭かれながら言われるも使う時は来ないであろうと思い悲しくなる、そのまま嬢が手を吹いたところでタバコに火をつける、嬢も吸うらしく1本あげて雑談、おっぱいのサイズの話とか(嬢はCでした)バイトの話とかをしていると「好きなタイプとかいるの?」と聴かれる、オタク殺しの質問にしどろもどろに答えたのが伝わったのかそれ以上深く聞いてこない、そうしているうちにタイマーが、服を着させてもらって入り口まで手をつないでゆく、すっかり暗いなと思っていると横からオゥ、と兄貴の声、ダラダラと歩き出す。

「言っただろ?男のディズニーランドだって」とは兄貴の談、それに対する答えは

「俺はあの瞬間、きっと王様になってたと思う」

混沌とした街に2人の笑い声が響いた。

幽体離脱

信じるか信じないかはあなた次第

 

4/1に記事を書いた時点で負けのような気がするが今日あったんだから仕方がない、4時間ほど寝て泊まっていた兄貴を送り出した後、ソファでうとうとしていると金縛りが、そもそもなりやすい体質だし体が寝て脳が起きてるだけなので問題ない、そして寝落ちしかけなのでエッチな妄想をするとエッチな夢が見れるのでありがたい限りである、いつも通りエッチな事を考えてたらまとめサイトで見た「金縛り中に体を思い切り起こそうとすると幽体離脱するよ」と言う書き込みを思い出しグイ!と体を起こすとあら不思議、上半身が起き上がるではないか、しかしそこから見える体は寝てる、そのまま上にスイーと上がり部屋を見たあたりで低く呟く幻聴が聞こえたので体にカムバック、こうして初の幽体離脱体験を終えたのだった。

思うに明晰夢に近いものだと思うのだから脳に意識的に介入するのはオススメできない、軽い幻覚、幻聴に悩まされる可能性があるからだ、あと周りの目がとてもつらい、ぷるぷる、僕悪い厨二病じゃないよ。

死に至る病

死に至る病とは絶望である』( セーレン・オービエ・キェルケゴール 著 「死に至る病」より)

なんとも厨二くさいタイトルではあるがれっきとした思想家の本である、私自身読んだことはないのだがタイトルの通り感じる日々なので引用させてもらった。

 

私の家の廊下(といっても短いが)には首を吊る縄が常に垂れ下がっている、もちろん首を吊るためである。日々縄をかけては具合を見るのが日課なのだが今日ついにあと少しで意識が飛ぶところまでたどり着いたので遺書代わり、とまでは言わないが自殺が自殺たる証拠となりうる自殺の意思の表明と自らの死に至る病についていかにして追い込まれたかを書き残そうと言う試みである。

 

そもそもから憶測で申し訳ないのだが私は鬱病だと思われる、理由としては過去に患っていたこと、鬱は完治せず寛解という状態しか取り得ないこと、そして過去と同じ症状が現に出ていることからそう判断したのだ(もっとも、日々首に縄をかけてる時点で尋常な精神とは到底呼べはしないが)

案外3億円でもポンと口座に振り込まれればそんなことなんかやめて日々笑顔に過ごせるとは思うがいくら命は地球より重いといえどそんな奇特な人は見たことがない、親を悲しませるのか?といわれても充分悲しませてるしこのままでもさらに悲しませるだけだ、更生する気は無いのかといわてもその気力はない、甘えだと言う意見には全くの同意で最後の努力と自己の尊重のために自ら死を選ぶのである、夢ややり残したことはないのか?と聞かれれば夢もやり残したこともたくさんある、関内二郎を食べたいし彼女も作ってみたい、デートも夜の嗜みもしてみたいし復活を待ち続けてるバンドもある、上げ始めればキリはないのだが叶わないとして「ああ、じゃあ仕方がないか」といった程度のものでしかないのだ、死ねば意識は消える、目が覚めない眠りにつくだけである、虚無に対する恐怖はもちろんあるが、ほぼ確定的な未来の苦痛に比べたら未知の恐怖のほうが数段楽である。

結局のところ甘えであって責任から逃れたいだけなのだ、だから最後の最後くらい許してくれ。