読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バックれマン

バイトは最短2日でやめる

関内の風に導かれて 風俗レポ

25日、世間は給料日だが僕には関係ない、流石にバイトしようとは思う。しかし僕とは関係なくとも僕の兄には関係ある、給料日に引っ越しの手続き等があり我が家に遊びにきたのだ、出会い頭に挨拶がわりの中指を立てて適当に飲みに行く、バンドの話だとか僕自身の体調の話だとかをグダグタ話し、酔いも回ってきたところで兄貴から切り出してきた。

 

「ここから関内まで1本じゃん?風俗いきたくね?」

 

兄には彼女がいるが風俗では浮気ではないらしい、それより乗り換えがあることを忘れてる頭の方が心配だ、しかし風俗、エッチなことをしてもらえるなんて興味がないはずがない、そしていきたくね?とは暗に奢りを示している、でもでも…と悩んでいるととりあえず手元のコークハイを一気させられ退店、目の前のコンビニでストロングゼロとタバコを買いストロングゼロだけを渡してくる、「心配すんな、大丈夫」兄なのかバカなのかよくわからない気分だが兄なのでとりあえず信じて電車へ。

 

降りた駅は眩しいネオンと死んだ魚の眼が並ぶ混沌と呼ぶに相応しい町だった。

 1本また1本と細い路地に入るにつれて雰囲気が怪しく艶かしくなってゆく、道すがら兄に「どこまでしたいの?」と聞かれ毅然とした態度で「おっぱいが吸えればなんでもいい」と返す。

目的のお店に着いたらしく入店、フロントで手コキ+上半身お触りOKのコースを選択、オプションでおっぱいが吸えるようにして部屋へ、どうやらここはビデオボックスでAVを観てるとたまたま女の子が来て恋に落ちるお店らしい、期待と不安を抱えいざ部屋へ。

 

 部屋の中は間接照明にソファーとテレビだけの殺風景な妖しい雰囲気をまとっといて心なしか空気もぬるりとしてる、少し震えるくらい緊張していたのでとりあえずタバコに火をつけて深呼吸、プレイ前にたたせなきゃなと思ってAVを探してると…「出会って2.5秒で合体 やまぐちりこ」を発見、僕はこのシリーズがとてもお気に入りである、反応が素っぽいのがとても良いのだが冒頭2〜3分から演技っぽくなるのがとても嫌…なのだが10分ほどぼーっと見てしまう、その上ピクリとも反応しない、ひどい不能っぷりだった、本当に大丈夫か俺…?どうして良いかわからずもう1本タバコに火をつけてソシャゲを始める…しかし集中できない、そのまま閉じてタバコを消したところで「コンコン」と扉を叩く音が、さて、吉と出るか凶と出るか。

 

「こんばんわー今日はよろしくお願いします〜」出てきたのは25〜6くらいの少しギャルっぽいお姉さん、バリバリOKだ、「隣良いですか〜」僕もペコペコしながら対応する、「それじゃあコース確認させてもらいますね〜Bコースとおっぱいでよろしかったですか?」これがとても恥ずかしい、なんせ自分の性癖を会って2分の女性に説明するんだから惨めったりゃありゃしない。「今日はどんな感じでしますか〜?」「と、とりあえずなんかいい感じで…」「いい感じですね〜わかりました〜」お前は床屋にでもいるのかって突っ込みたくなるような返事に落ち込んでる間も無く太ももを触られる、間髪入れず息子、ハーフスタンダップ、心配してた自分を殴ってやりたい気持ちの中ズボンを下ろしたところでタイマースタート。

「あ、あのとりあえずその、服の上からおっぱい揉んでいいですか?」「服の上からでいいの?」「…とりあえずっ」「ンフフ、いーよ」僕は緊張すると吐きそうになるタイプで、このときまさにそうだった、脳がとろけて気分が悪い、贅沢極まれりといった悩みだったが手にローションをつけて息子とふれあいが始まったあたりから吐き気も消えてゆく、めっっちゃくちゃ気持ちいいのである。もうここまできたら恥じらいなど捨てて欲の塊に成り果てているので「おっぱい見ていいですか!」元気が良い、紐を解いて上半身が露わになる、生きててよかった…心からそう思ったのを強く覚えている、そのまま揉んで、揉んでる最中もしごかれて、吸って、気分はもうあかちゃんである、幸せ…となりつつも悲しいかなイけない、理由はとうの昔に気づいていて足ピンじゃないとイけない、通称「射精障害」と呼ばれるやつだ、きっと最初の僕には言えなかっただろうが今なら恥ずかしげもなく言える。「あの、僕足ピンじゃないとイけないんですけど…」「あっじゃあいい感じに場所移動しますね」と足が伸ばせるような体制に変え、手コキ続行、僕は後ろから乳を揉みつつ気持ち悪い(と思う)顔をしながら息を止め悶える、「イきそうになったら言ってくださいね〜」「あっ、はい、イきそうです」「はーい」そのまま高速ピストンから1分、僕の欲望は吐き出されたのだった…

 

「おっきいですね〜」息子を丁寧に拭かれながら言われるも使う時は来ないであろうと思い悲しくなる、そのまま嬢が手を吹いたところでタバコに火をつける、嬢も吸うらしく1本あげて雑談、おっぱいのサイズの話とか(嬢はCでした)バイトの話とかをしていると「好きなタイプとかいるの?」と聴かれる、オタク殺しの質問にしどろもどろに答えたのが伝わったのかそれ以上深く聞いてこない、そうしているうちにタイマーが、服を着させてもらって入り口まで手をつないでゆく、すっかり暗いなと思っていると横からオゥ、と兄貴の声、ダラダラと歩き出す。

「言っただろ?男のディズニーランドだって」とは兄貴の談、それに対する答えは

「俺はあの瞬間、きっと王様になってたと思う」

混沌とした街に2人の笑い声が響いた。

幽体離脱

信じるか信じないかはあなた次第

 

4/1に記事を書いた時点で負けのような気がするが今日あったんだから仕方がない、4時間ほど寝て泊まっていた兄貴を送り出した後、ソファでうとうとしていると金縛りが、そもそもなりやすい体質だし体が寝て脳が起きてるだけなので問題ない、そして寝落ちしかけなのでエッチな妄想をするとエッチな夢が見れるのでありがたい限りである、いつも通りエッチな事を考えてたらまとめサイトで見た「金縛り中に体を思い切り起こそうとすると幽体離脱するよ」と言う書き込みを思い出しグイ!と体を起こすとあら不思議、上半身が起き上がるではないか、しかしそこから見える体は寝てる、そのまま上にスイーと上がり部屋を見たあたりで低く呟く幻聴が聞こえたので体にカムバック、こうして初の幽体離脱体験を終えたのだった。

思うに明晰夢に近いものだと思うのだから脳に意識的に介入するのはオススメできない、軽い幻覚、幻聴に悩まされる可能性があるからだ、あと周りの目がとてもつらい、ぷるぷる、僕悪い厨二病じゃないよ。

死に至る病

死に至る病とは絶望である』( セーレン・オービエ・キェルケゴール 著 「死に至る病」より)

なんとも厨二くさいタイトルではあるがれっきとした思想家の本である、私自身読んだことはないのだがタイトルの通り感じる日々なので引用させてもらった。

 

私の家の廊下(といっても短いが)には首を吊る縄が常に垂れ下がっている、もちろん首を吊るためである。日々縄をかけては具合を見るのが日課なのだが今日ついにあと少しで意識が飛ぶところまでたどり着いたので遺書代わり、とまでは言わないが自殺が自殺たる証拠となりうる自殺の意思の表明と自らの死に至る病についていかにして追い込まれたかを書き残そうと言う試みである。

 

そもそもから憶測で申し訳ないのだが私は鬱病だと思われる、理由としては過去に患っていたこと、鬱は完治せず寛解という状態しか取り得ないこと、そして過去と同じ症状が現に出ていることからそう判断したのだ(もっとも、日々首に縄をかけてる時点で尋常な精神とは到底呼べはしないが)

案外3億円でもポンと口座に振り込まれればそんなことなんかやめて日々笑顔に過ごせるとは思うがいくら命は地球より重いといえどそんな奇特な人は見たことがない、親を悲しませるのか?といわれても充分悲しませてるしこのままでもさらに悲しませるだけだ、更生する気は無いのかといわてもその気力はない、甘えだと言う意見には全くの同意で最後の努力と自己の尊重のために自ら死を選ぶのである、夢ややり残したことはないのか?と聞かれれば夢もやり残したこともたくさんある、関内二郎を食べたいし彼女も作ってみたい、デートも夜の嗜みもしてみたいし復活を待ち続けてるバンドもある、上げ始めればキリはないのだが叶わないとして「ああ、じゃあ仕方がないか」といった程度のものでしかないのだ、死ねば意識は消える、目が覚めない眠りにつくだけである、虚無に対する恐怖はもちろんあるが、ほぼ確定的な未来の苦痛に比べたら未知の恐怖のほうが数段楽である。

結局のところ甘えであって責任から逃れたいだけなのだ、だから最後の最後くらい許してくれ。

先日友達に「自殺をする」と言われた。

 

正確には感情が高ぶって自殺をするつもりだったけど少し落ち着いたから自殺用の道具を購入するべく主要駅に来た、とのこと、僕はそれを聴いて笑ってしまった、「自殺なんてしないだろう」というものではなく「ああ、ついにこの時が来たのか」といった感じのもので笑うしかないのである。

”彼”は精神疾患を患っており不安定な精神に長年悩まされて来たらしい、僕自身も患ったことがある(というか今も多分そうである)ので辛さが理解できないわけではない、よって死にたい気持ちはそう理解が難しいものではないのだ、とりあえずうちによんで元気付け(られていたら良いのだが)て送り返した、その後に悶々と考えたのが本記事の内容である。

僕自身めんどくさがりやであまり生きていくことに良いイメージを持っていないので常日頃から死にたいと思っている、しかしそうも簡単にいかないので現状を打開もせずになぁなぁに生きているのだ、死にたいけどそこまで死ぬ気はないしつまるところどうすればいいのか全くわからないのだ、芥川龍之介の蜘蛛の糸のような一筋の希望でもあれば、また歯車の芥川がこめた願いでも訪れればいいのだが、ああ悩ましい。

人の心は国にあらず、酒にあり

「働かずに飲む酒は美味いか?」

もはや人類の命題である、国民の義務である労働をせずましてや娯楽でしかない酒を飲む、許されるはずがない、だがあえて言おう「働かずとも酒は美味い」と。環境や周りの言葉など関係ない、酒とは美味いのだ。

 

またうなされて目が覚めた、やましい気持ちがあるといつもこうなる、こんな日はやっすい居酒屋で日本酒のあついのをくぅーっといきたい気分である、しかし働かねば酒を買う余裕もない、そんな矢先に「飲みに行こう」とLINEをくれたのはニューデリー出身のアジャンタ、生粋の酒好きでありイカしたナマステボーイである。そのアジャンタが誘ってくるときは毎度奢ってもらう、申し訳ない話だが酒が飲めるなら甘えるしかない、集合は毎度のこと6時、アジャ曰く飲む時間は長ければ長い程よいとのこと。そして話し合い場所を決める、今回の候補は恵比寿、十条、神保町、月島である、恵比寿はビールのイメージがあるが安酒っぽさがなく却下、神保町にいくなら二郎に行きたいので今回は十条か月島にしよう、ササッとしらべると月島はもんじゃ焼きが美味しいらしい、シメにも十分だし月島にしよう!とのことで行動開始(余談ではあるが月島を決めた理由に名前を聞いた瞬間コーランの54章「月」(Al Qamar)が浮かんだのもある)

 

月島は自宅から遠い、有楽町線終点の新木場、豊洲の隣である、ライブに行く人ならわかると思うがここら辺は本当に何もない、一抹の不安を抱えながらも改札でアジャンタにバッタリ、そのままいいお店があると連れていかれるままに商店街を抜ける。

閑散とした商店街を見渡すともんじゃ焼きのお店がズラリと、しかし今回のお店はもんじゃ焼きではないらしい、どんなお店なの?と聞くと「アジャ人生で一番美味しいと思った煮込みがある」とのこと、すこぶる楽しみである。

商店街も終わりに差しかかろうという時に1箇所だけ並んでる店が、これが今回のお目当「岸田屋」である、並ぶこと1時間、店内は狭く、古き良き大衆居酒屋の雰囲気である、最高だ、こんなのを望んでいたのだ、席に着くやいなや先ずはビール、それと煮込み、肉豆腐、ヌタを頼む、まずは乾杯といこうじゃないかと。f:id:akkieeffect:20161209132105j:image

大衆居酒屋にはラガービールがよく似合う、飲みすぎないようにと他愛もないことを喋っているとお目当の品が到着した。

f:id:akkieeffect:20161209132210j:image

これがお目当の牛の煮込みである、しっかり煮込んでトロトロの牛に山盛りのネギ、ああ最高だ、とつまみ口に運ぶ。

ああ、これは人生で一番の煮込みだ。

ここまでトロトロで旨味のある煮込みは食べたことがない、暴力的なまでの美味しさをネギがシャキッと整える、ああ美味しい、ビールもどんどん進みなくなろうかという時に肉豆腐が到着

f:id:akkieeffect:20161209132616j:image

味の染みた豆腐のうえにこれでもかというほど肉とネギの乗った逸品である、うまい、同時にヌタも届きそのいい塩梅の味の濃さに日本酒を頂きたくなる。

次の注文で日本酒とイワシの煮付け、時間がかかるとのことだか些細な問題だ、煮込みも追加して日本酒と共にいただく、美味い、やはり酒とは美味いのだ。

話も進んで福岡に旅行に行こうかなどと言っているうちに隣のおじさんが入ってきた、ふた周りほど上だろうが、どうやら常連らしい。皆酒が進んで盛りあったところでこの店の美味しいものをいろいろ教えてもらった、基本何でも美味しいがこの季節は熱燗がおいしいらしい、なんでも沸騰するくらい熱いんだとか、頼もうと息巻いていると隣のおじさんが奢ってくれるらしい、ありがたい限りだ、そして熱燗とともに先ほどのイワシの煮付けが到着する。

f:id:akkieeffect:20161209134213j:image 

これまた美味、しっかり味が染みて柔らかくもちろん骨ごといただける、それに熱燗をクッとやると天にも昇る心地である、そのまま隣のおじさんと一緒におにぎりで締める。

f:id:akkieeffect:20161209134339j:image

おにぎりまで美味いときたから困ったものだ、出たくなくなるではないか、しかし二人ともへべれけなのでここでお愛想、そのまま別の店でもんじゃをいただいて解散、実に、実に良い日であった。

クズから学ぶ!クズの生き方とクズな友人との付き合い方

この記事はMD Advent Calendar 2016 - Adventar 5日目の記事です。

昨日はねおさんの巨大ロボットとおっさんと美少女人工知能でした、僕の一番好きなゲームはFF Ⅻです、裏ボス倒すギリギリ前に兄に売られました、許すまじ。

あらためてこんばんは、クズこと秋吉です。普段は音楽関係のいろいろを趣味/仕事としてやっております。今回は貴方がクズになってしまった時の生き延び方、そして友人がクズだったときの上手な付き合い方を経験を踏まえて語って行こうと思います。
一応音楽の人間なので今回のBGMとして1曲貼っておきます。

Yes - Close To The Edge - YouTube
yesのclose to the edge、邦題は「危機」です、今の僕にピッタリですね。

クズになってしまった時の生き方

人生何があるかわからないものです、かくいう僕もある日突然バイトをバックれ、働きたくなくなりました、しかしクズであるが故に働きたくはないが生きていきたい、そうするとお金が死活問題になってきますね、特に公共料金等は生命に深く関わってきます、まずは現在の僕の支払い状況から見ていきましょう

家賃→×
水道→△
ガス→×
携帯→×
インターネット→×

酷い有様ですね、現にガス携帯は止まってます、その他はあと少しで何かしらの措置をされる、といった感じです、水道に関しては「利用開始連絡をギリギリまで引っ張り滞納までの期間を延ばす」方法を使っているので△としました。
この件で伝えたいのは「止める順番を見極めろ」ということです、どの順で止まるか、どれが止めたらヤバイかということです。

止まる順
携帯>インターネット≧ガス>電気>水道>家

止めたらヤバイ
家>水道≧電気>インターネットと携帯(どちらも)>ガス>インターネットor携帯(どちらか)

まずは止まる順番の説明から入りましょう、基本的に生存に必要ないものから止まります、携帯はわりかしすぐ、インターネットは結構長く後にガス、電気が2ヶ月水道3ヶ月家賃6ヶ月です、家賃は滞納すると連絡がきますが法的強制力を持つには裁判所の決定が必要なので意外と長いです。でも長いから放って置いたりせず生活を立て直しましょう。

次に止めてはいけない順ですがまず家賃です、日本では電話番号と住所がないと全く何もできません。立て直すためのバイトも出来ません。(僕はバックれたバイト先に戻してもらいました)そして水道、飲料水もそうですがなによりトイレが流れないのはヤバイです、電気は言わずもがな、次にインターネットと携帯、どちらかがあれば誰かに連絡が取れます、またip電話等で電話も一応可能です、ガスは優先度が低いように見えますがお湯が出ないというのは地獄のようなもので体が洗えないのはとてもストレスになります、幸い僕はバイト先がホテルなのでシャワーを借りれてますが止まった場合はペットボトルに沸かしたお湯と水道水をミックスすると体を洗えなくもないです、ご参考までに。

次に食料問題です、実は僕はこの段階でもあまり不自由してません、食料問題を解決するには3つの方法があります。
1.人からお金を借りる
2.人から食料をもらう
3.人に奢ってもらう
さすがクズ、全部人任せですね、順に説明していきましょう
1.借りる
一番融通が利きますが一番オススメしません。金の切れ目は縁の切れ目です、どうしてもの場合に親や友人に泣きつきましょう。
2.もらう
これは一番のオススメです、コンビニバイトの友人の廃棄や賞味期限切れのもの、実家から送られてきた米を持て余してる人、案外います、感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。
3.奢ってもらう
これは見極めが必要ですが心の栄養も摂取出来るのでほどほどにオススメです。
まず奢ってくれる人、年上の社会人、とくに個人事業の人がオススメです、理由は税金対策に領収書を切りたいことが多く、若い頃に苦労をしてる場合が多いので可愛がってくれます、しかし短いスパンで何度も使える手ではないので数人確認しておきつつ結構辛い時に頼りましょう。
僕は1.2.3のハイブリッド型です、すごい。

ここまで生き延びられればヤバイことに気づき次のバイトも探せるでしょう、お金は大事です。

友人がクズだった時の付き合い方

仲のいい友達がクズだった!そんなとき貴方はどうするか、相手は大体このパターンです。

1 金の無心をしてくる

今月辛いのでお金を少し貸して欲しい…そんな連絡が来ました、貴方はどうするべきでしょうか?
基本的には断り、酷い場合は縁を切りましょう。
金の切れ目は縁の切れ目です、円滑に交友関係を進めたいならまずは断り、酷い場合は縁を切ったほうが良いです、相手はクズです、まともな人間は普通に稼ぎます。

それでも貸してあげたい!あいつは大物になる!困った時はお互い様!という貴方へ

そこまで言うのなら止めはしませんが大切な事が2つあります。
まず期限を決める、無期限に貸すと相手はクズです、「無期限ならそのうち返せばいいや」、そのうちはきません。本人と話し合いお互いに無理のない期限にしましょう。
次に返ってこないと思って貸す、です。返せるほど稼ぐ人間はそもそも借りません、返ってこないと思えば返ってきた時が嬉しいですからね。

2 同居を持ちかけてくる

ルームシェア、間借り、居候、いろいろあると思いますがとてもオススメしません、働かなくても生きていけることを知ったクズは働きません、そして実際にやってみるとわかるのですが生活習慣の違いやプライベートスペースの減少はとてもストレスになります、僕は過去に兄(バンドマン、ホームレス経験有)と一緒に住んでました、生活習慣は似通えどプライベートがなく結局一年半で引っ越しました、兄弟ですらこれですから友人なんてもってのほかです、同居はやめておきましょう。

そんなクズにしてあげられることは?

仕事を紹介してあげることです。

仕事をさせましょう、知り合いのいる店なら働きやすく、バックれにくく、給料等も把握しやすいです。金さえあれば立ち直り、生きて行けます。クズでも大切な友達です、本人の自立を手助けするのが一番本人のためになります。

いかがだったでしょうか、書き始めは音楽業界の話や音楽紹介、お酒の話などをしようとも思ったのですが業界の話は公にできず、紹介はマニアックすぎて微妙、お酒の話は飲む前に働けクズと言われそうなのでやめました、聴きたい方は酒の席で僕に聞いてください、奢りの酒ならいつでも歓迎です。

明日はもっへもへ (@mohemohe) | Twitterさんの さぼてん です、あれは嫌な事件だったね…楽しみにしてます。

神の座 〜ラーメン二郎関内店〜

日本には八百万の神がいるという、コメの一粒からトイレに至るまで多種多様である、本記事はその一柱に招かれた筆者の物語である。

 

今は何月何日の何時だ?

深く眠りにつくと目覚めた瞬間理解ができない、バイトをばっくれたが故何日何曜日の何時であるかを理解できないのだ、自由の代償といえる。時計を確認すると14時になろうかというところだった、同時に兄からのLINEを確認する、どうやらバイトをズル休みしたらしい、この弟あってのこの兄である、しばらく会話をしているとある考えが浮かんだので兄に聞いてみる

f:id:akkieeffect:20161125230119j:image

どうやら乗り気みたいだ、早速兄の近くのうまい二郎を調べるべく友人に連絡、某有名店が引っかかった、こうなるともう胃袋か二郎の準備を始める、夜の部に合わせて電車を調べていると兄から返信が

f:id:akkieeffect:20161125223441p:image

筆者の怒りは文面の通りである、頭は納得すれど胃袋はそうはいかない、もう二郎に行くしかないのである。

そんな中友人からのラインが

f:id:akkieeffect:20161125223713p:image

物騒な世の中になったものだ、何故だかわからないが私は関内二郎に行かなければならない、そう思ったのである。

先日の子こちら布袋駅前 つるぺたガール研究所 レビュー - バックれマン 

 と触れ合うこと数時間、重い腰を上げ、いざ神の座へと至ることにした。

 

やはり冷え込む、昨日は雪が降ったというのだから当然であろう、駅から足早に神の座へ向かうといつもの1.5倍ほどの行列が、ああそうだ金曜日だったかと思いつつ最後尾へ、前列の若者が列を乱しておしゃべりをしているのを見ながら心の中で(神の御前であられるぞ…わきまえたまえ)と唱えつつ並ぶこと1時間、ついに見えてきたこの看板。

f:id:akkieeffect:20161125224527j:image

やっと会えましたねと言わんばかりの興奮である、食券を購入し寒いから奥の方が空くといいな〜と眺めていると今日は店長がいる、これは期待できそうだと思った矢先に店長の目の前の席が空いた、やった!一番奥の席だ!

食券を出し座ること3分、「ニンニク入れますか?」のコール、すかさず「ニンニクマシマシヤサイちょいマシアブラマシカラメ」と応える、めんどくさそうなコールにも柔軟に対応してくれるあたりがさすが関内店と言ったところであろう。

程なくして眼前に現れる神の供物、このために今日があったのだと言わしめる出来だった。

f:id:akkieeffect:20161125225058j:image

ラーメン二郎関内店小ニンニクマシマシヤサイちょいマシアブラマシカラメ

写真もそこそこにさっそく豚へかぶりつく

…美味い、今まで食べた中でおそらく最高であろうと言わしめるジューシーさ、2つとも平らげ麺へと箸を進める、いつもより少し硬めか?しかし普段だいぶ柔らかいので許容範囲といえよう、早々に片付け残りの野菜の前にホワイトペッパーを、これは正解であった、そのまま完食し店を後にした。

 

神秘的な体験の余韻を味わいながら一服、豚を増やしても良かったかなと思いながらも満腹にならないのを感じて思う、おかしくなったのは胃袋か頭か、どちらにせよ美味いことは変わりないのだと思いお腹を引きずり、帰宅への一歩目を踏み出した。